『ジュマンジ・ネクスト・レベル』〈感想〉あらすじ・相関図・見どころ

期待通り
おもしろい映画でした!!

あらすじと相関図
見どころをお伝えします♪

あらすじ

仲良くすごしていた4人のメンバー
スペンサー
マーサ
フリッジ
ベザニー。

ある日、
スペンサーは休暇を利用して
実家へ帰省した。

自分の部屋を
祖父エディが使っていた。

夜、エディと一緒の部屋で
寝ることになったスペンサー。
しかし、なかなか寝付けなかった。

スペンサーはゲーム機を修理して
ふたたび『ジュマンジ世界』へ
飛び込んでいってしまった。

次の日、
祖父エディの元へ友人マイロがやってきた。
エディとマイロはケンカ中だった。

そんな中、
連絡がつかないスペンサーを探しに
ベザニー、マーサ、フリッジの
3人がやってきた。

そして修理し終わったゲーム機を発見。
スペンサーは『ジュマンジ世界』へ
ふたたび飛び込んだのではないか?
と疑う3人。

「助けに行こう」とゲーム機に触れると
ゲーム機にバグ(コンピューターの不具合)
が起きてしまったらしい。

キャラ設定も終わっていないのに
ゲーム機に吸い込まれてしまった。

マーサとフリッジ、そして
なぜかエディとマイロも一緒に。

エディとマイロは
若返って嬉しそう。

なぜかベザニーだけ現実世界に残った。

そこでベザニーは
アレックスを誘いに行き
あとでゲーム機世界へ入る。

相関図

見どころ

ゲームのレベルが確実にあがっています!

灼熱の砂漠、凍てつく雪山、
絶壁の釣り橋など

暴走するダチョウの大群、
巨大アナコンダ(ヘビ)、
凶暴なマンドリル(サル)など
どう猛な動物たちも出現します。

ゲームの難易度と危険度が
更にUPしています!

現実世界では足がおぼつかない
主役・スペンサーの祖父が
筋肉隆々若者キャラに変身。

現実世界では筋肉隆々の
フリッジが今度は
太ったメガネの教授に変身など

ジュマンジ世界のキャラ設定が
前回とは違うところも
おもしろい!

そのキャラ設定が
途中でも更に変更します。

悪役も変わっています。
前作とは違った設定です。

感想

キャラ変があったり、
スピーディな場面展開や
いろいろな工夫があるので
目が離せません!

おもしろかったですね~。

もう一度観たい!

『ジュマンジ・ネクスト・レベル』

2019年12月13日公開

〈キャスト〉
ドウェイン・ジョンソン
(スペンサー〈声〉木村良平)

ジャック・ブラック
(ベザニー〈声〉M・A・O)

カレン・ギラン
(マーサ〈声〉水瀬いのり)

ケヴィン・ハート
(フリッジ〈声〉武内駿輔)

ダニー・デヴィート
(エディ:スペンサーの祖父
〈声〉浦山迅)

ダニー・グローヴァー
(マイロ:エディの友人
〈声〉加山雄三)

前作

前作は
『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
日本公開2018年4月
前作のあらすじと相関図

 

U-NEXTで観てみる ↓



U-NEXTの31日間無料トライアルはこちらから↓