映画『こんな夜更けにバナナかよ』こちらが励まされる!

映画の主役・大泉洋さんが演じる鹿野靖明さんは実在した人物です。

6歳で筋ジストロフィーと診断され20歳まで生きられないと医者から言われたのにもかかわらず42歳まで生き続けました。

この映画は鹿野靖明さんと、鹿野さんを支えるボランティアの方々、そして鹿野さんの母親と鹿野さんの関係が軸となっています。

 

 

筋ジストロフィー

筋力が低下、萎縮する難病です。
そのため長くは生きられません。
日本国内に約25400人いると推計されています。

 

 

映画の冒頭

鹿野靖明さんのボランティアの一員である、田中くん(三浦春馬)は恋人の美咲(高畑充希)と共に鹿野さん宅にボランティアに来ていました。

美咲は正式なボランティアではないのですが、田中くんがあまりにも忙しくて会えないというので「浮気でもしているのではないかと」疑って着いてきたのでした。

慌ただしく動き回る複数のボランティアの仕事ぶりにあっけにとられる美咲でしたが、鹿野さんにも気に入られ、ボランティアの一員としてシフトに組まされました。

そして田中くんと美咲が夜のシフトに入っていたとき、鹿野さんが夜中に急に「バナナが食べたい」と言い出し、美咲が街中を駆け回って買ってくるハメになります。

それで映画のタイトル「こんな夜更けにバナナかよ」となるわけです。

そのときは言いたいことをぐっとおさえた美咲でしたが、後日キレてしまいます。

初めて見る鹿野さんのボランティア生活はまるでワガママいっぱいボランティアをこきつかっているように見えたのでしょう。

鹿野さんって何様?
障害者ってってそんなにエライの?
障害者だったら何言ってもいいの?
ホント最低、二度と来ない!

と。

 

 

鹿野さんの夢

英検2級に合格してアメリカ旅行へ行くこと。
そのために日々英語の勉強に励んでいます。

そして最終的には「徹子の部屋に出たい!」と。

「徹子の部屋」に出るとボランティアが全国から集まってくるからとのことです。

実際500人のボランティアの方々がお世話をしたそうです。

 

 

母親

鹿野さんは母親がくると

「くそばばあ、早く帰れ!」

と追い返していました。

母親の方も慣れたもので

「はいはい」

といってボランティアの方々に差し入れを置いて早々に退散します。

このときの母親の心境はどうだったでしょう。

悲しそうな表情をして立ち去る演技の母親役・綾戸智恵さん。

 

生涯の子どもを持つ親は自分を責めたり頑張り過ぎたりする。

自分の世話だけで一生を送ってほしくない。

お母さんはお母さんの人生を生きて欲しい。

 

そういう信念が根底にあった鹿野さん。

だからワザと冷たくする、そういうやり方しか出来ないと。

 

 

田中くん

田中久(三浦春馬)は父親が医者の北大生。家を継ぐことを強いられています。

しかし内向的で自分に自信がなく、鹿野さんの積極的な生き方に圧倒されてばかり。

鹿野さんと美咲の仲の良さに嫉妬もします。

父親は田中くんのボランティア活動に良い顔をせず、会うたびに小言をいいます。そういうこともあってか、親子関係はうまくいっていません。

田中くんは追い詰められて医大を退学する決意をします。

ところが・・・。

 

 

美咲

医大生と合コンをしたいがために「教大生」と嘘をついて臨みます。

医大生の田中くんと付き合うことになり、今度お宅にお伺いすることに。
そこで美咲は嘘をついていたことを告白し謝ります。

しかし田中くんは「どうしてくれるんだ」と許しません。

煮え切らない態度に美咲は逆ギレします。

それ以降二人の関係は悪くなってしまいます。

「もうダメかも」と思いつつも美咲は鹿野さんに相談します。

すると鹿野さんは
「今からでも教育大を受けて先生を目指せばいいじゃない」
と言います。
「僕がこの歳で英検2級を受けるより楽勝でしょっ」と。

ハッとする美咲。

鹿野さんのアドバイスが心に響いて勉強を始めます。

 

人工呼吸器

病気が進行して普通に呼吸するのが困難になった鹿野さんに医師は人工呼吸器をつけるようにいいます。

ところが人工呼吸器をつけるとノドを切開するので、言葉を言えなくなってしまいます。自分らしく生きるのがモットーの鹿野さんでしたので、それはイヤがります。

しかし病気には勝てずとうとう人工呼吸器をつけることになったのですが、なんとつけながらも言葉を言えるように訓練し、しゃべれるようになります。

鹿野さんの割り切った考え方は合理的です。

生きていくために多くのボランティアが必要で遠慮なんかしない。

それで多くの人を傷つけたこともあったけれど自分もたくさん傷ついた。

けれども20歳まで生きられないといわれて倍以上生き続けた生きる意欲は素晴らしいと思います。

観ているうちに自分が励まされている、そんな映画だと思います。

 

 

キャスト

鹿野靖明:大泉洋
安堂美咲:高畑充希
田中久:三浦春馬
高村大助:萩原聖人
前木貴子:渡辺真起子
塚田心平:宇野祥平
泉芳恵:韓英恵
鹿野清:竜雷太
鹿野光枝:綾戸智恵
田中猛:佐藤浩市
野原博子:原田美枝子

 

 

スタッフ

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
主題歌:ポルノグラフィティ

 

映画
『こんな夜更けにバナナかよ』
2018年12月公開

 

U-NEXTで観てみる ↓



31日間無料トライアルはこちらから↓


 

Amazonはこちらから↓