映画『鹿の王』感想☆新鮮さがない絵、原作に遠く及ばない脚本!

『“映像化不可能”と言われ続けた小説に実力派スタッフ&キャストが集結』
というコメントをネットで見ましたが、本気で言っています?

当初は2020年9月公開予定だったところ、公開日が近づいても宣伝活動も見られず、ひっそりと映画館の公開カレンダーからはずれていました。しばらくして“公開延期”と記されました。

コロナ渦で動員数を危惧してなのか、テーマのせいなのか、何の説明もないまま月日が経ちました。

2度の延期後、晴れて公開となったのですが、今の方が感染者は多いという皮肉なことになってしまいました。

 

飛鹿(ピュイカ)

映像化で私が期待していたひとつがピュイカです。

“鹿の一種。頑健。断崖絶壁に強い。急峻な崖をなんなく駆け上がり駆け下りる。早く機敏で跳躍力がすさまじい”

どんな絵になるんだろとワクワクしち見ました。

最初「どこにいるんだろう?」と思ったくらい“ただの鹿”でした。

 

ジブリっぽい

どうもジブリを見ているような絵が古い感じがしました。

見終わって調べてみたら、やはり監督がジブリ出身でした。

王国も異国といってもどこかでみたことがあるような絵に見え、新鮮さがないのですよね。

日本のアニメはジブリっぼさから抜け出せないのでしょうか。

 

怖いユナ

ユナを怖い表情にする必要があったでしょうか。

憑依されている状態ならば、惚けている症状でも良かったのでは。

あの表情はどうか?と思います。

 

映画脚本化不可能

確かに映像は繊細で緻密、色鮮やかで美しいシーンもありました。

しかし『鹿の王』の世界観を感動的に驚くような映像で見せてくれたかといえば、どうなんでしょう?

アニメは詳しくないので、語れないのかもしれませんが、アニメに詳しい人から見たら「よくぞよくぞ」といったできばえなのでしょうか?

 

 

肝心なのはストーリー。

 

長編ファンタジー小説を約2時間に収めるために色々と案は出たでしょう。

途中退屈でした。

一番の見せ場の最後の祭典のシーンも「う~ん」。

 

凝縮するのはいいと思います。時間がないのですから。原作からかけ離れても仕方がないと思います。

原作どおりにしてほしいとは露ほども思っていません。所詮無理ですから。

しかし、面白くなければ「良かったー!」とは言えません。

 

 

 

『獣の奏者エリン』

上橋菜穂子さん原作の『獣の奏者』のアニメ『獣の奏者エリン』も原作をアレンジして少女エリンを主にしたアニメです。

この作品は原作通りではありませんが、これはこれで面白いです。最も連載テレビドラマなので時間はたっぷりあります。途中脱線したストーリーもあるくらい。ディスクだと100分前後が12枚あります。

『鹿の王』もこのくらいの尺ならば、良かったのかもしれませんね。

“映像化不可能”ではなく“映画脚本化不可能”ということですね。


****************

 

 

あらすじ

主人公ヴァンは岩塩鉱で奴隷として働いていた。

ある夜、黒い犬が群れをなしてヴァンたちが寝ている洞窟を襲った。ヴァンもまわりの者と同様に黒い犬にかまれた。

黒い犬はヴァンのもとに幼い女の子・ユナを残して去った。

ヴァンはユナと岩塩鉱を出た。二人は唯一の生き残りだった。

ヴァンたちが去った後、医師ホッサルたちが洞窟の調査を始めた。そして生き残りがいたことをつきとめ後を追う。

 

映画
『鹿の王』
2022年2月4日公開

映画『鹿の王』原作のあらすじ&登場人物

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鹿の王 上 [ 上橋菜穂子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/2/4時点)

 

*********************